购物车 (0)  
亲,您的购物车空空的哟~
去购物车结算
杂志Magazine美树本晴彦 角色设定画集亚洲插画家青幻舍Seigensha360°BOOK童心异想世界gestalten:自然之作 心的感受PHAIDON:穿越世纪的美学探索限量艺术善本十周年七夕送礼求生指南寺田克也中国巡回活动Rizzoli:重现黄金时代最酷的大小孩善本自版Thames & Hudson:纸上艺术馆你是哪一“PIE”?TASCHEN:打破艺术距离你好,生活家!Prestel:经典艺术史·从文艺复兴到后现代Yale University Press:追寻真理之光导演的洞见演员的剖析电影幕后制作特辑影视创造指南定格的时光Thames & Hudson:纸上艺术馆(1)史蒂文·麦柯里个人作品集世界美食Phaidon:跨越星辰 致敬经典Thames & Hudson:沉醉艺术世界Laurence King:创意领跑Hoxton Mini Press限量版-艺术限量版-摄影限量版-表演艺术限量版-设计限量版Rizzoli:穿梭时空的时尚之旅小老鼠波波DK宝贝触摸书苏斯博士 Dr. Seuss立体翻翻书你好,世界艺术大师启蒙小指南大人物小人物,大梦想皮特猫小饼干洞洞书滑动看抽拉书吉竹申介埃尔维·杜莱艾瑞·卡尔马里恩·杜查斯贝娅特丽丝乔恩·克拉森孤独星球奥利弗·杰弗斯乐高凯迪克奖马克马丁博洛尼亚童书奖纽伯瑞奖其他获奖绘本我的小小外文童书馆普利兹克建筑奖luster出版社Abrams:接受吧 艺术投喂折纸艺术翻翻书青幻舍:光与影之舞Little Gestaltengestalten: 岂止于书善本出版14周年时尚课外读物TASCHEN40周年TASCHEN2022taschenPIE探寻中东欧艺术略影人,诗意地栖居Octopus出版集团线上书展时尚永不眠耶鲁大学出版社带你看历史PRESTEL:“经典”是一种集体认同感把别人的理想,过成自己的日常Sendpoints(2022)SendPoints来一场艺术大巡游!Phaidon你好,世界Prestel 艺术大师启蒙小人物,大梦想Templar 翻翻书天才名人系列Abrams Block纸板书Templar 欢迎来到博物馆Workman 迷你书屋Twirl 拉玩书Thames & Hudson 立体翻翻书Usborne 有声书Chronicle 触摸书吉竹申介 Shinsuke Yoshitake马里恩·杜查斯 Marion Deuchars贝娅特丽丝·阿勒玛尼娅 Beatrice Alemagna乔恩·克拉森 Jon Klassen马克·马丁 Marc Martin菲丽希缇·塞拉 Felicita Sala奥利弗·杰弗斯 Oliver Jeffers凯迪克奖博洛尼亚童书奖纽伯瑞奖其他获奖绘本童心启航 跨阅未来 Read for FunQuarto:始于彩页 跨越万里时尚大牌的宠儿 RizzolABRAMS建筑主题线上书展Little Gestalten2021城市出逃计划 City Escape Plan青幻舍 Seigensha青幻舍 Seigensha(1)PIE(2022)PIE摄影线上书展TASCHENSendpoints善本出版Sendpoints生活在伊甸园PRESTEL:艺术是生活的镜子彩图,为书籍添上吸引力百年传承的真理之光百年传承的真理之光吃掉艺术馆跨时空艺术之旅Rizzoli:艺术之光,有界无限Rizzoil:艺术之光,有界无限Abrams:夏艺派对,向书出发Walker:好奇心·艺趣纸旅TASCHEN创造可能性:安藤忠雄上海见面会点燃设计大爆炸·善本图书快闪店第一站华裔设计师刘扬巡回演讲【安藤忠雄——亚洲的未来】上海保利大剧院讲演活动回顾寺田克也中国巡回活动TASCHEN x 上海西岸艺术与设计博览会
少女礼讃,少女礼赞 写真集
收藏
|
少女礼讃,少女礼赞 写真集
Price定价:
388.00
ISBN条码: 9784861527975
Publisher出版社: Seigensha青幻舎
Language版别: 日版Japanese
Category分类: 艺术图书Art
Authors作者: 青山 裕企
Pub Date出版日期: 2020-06-26 00:00:00
购买数量:
内容简介Description
留言Comments(0)


「少女礼讃(しょうじょらいさん)」は写真家 青山裕企が、誰も知らない、
ひとりの女性を撮影し続けている作品である。

年齢、名前が明かされてない、SNSでの情報発信や、モデル・アイドル活動といったこともしていない、
どこに住んでいるかも分からない、ひとりの女性。中学生のようなあどけない笑顔と、
たまに見せる、驚くほど大人びた表情。小柄で、「女の子っぽい」髪型。
しかし、あか抜けない服の中には成熟した体が隠されている……。

2018年の夏に出会ったこの女性を、青山は毎週のように、圧倒的な量と質で、徹底的に撮影し続けている。
青山はこの女性に出会った時に、眩いほどの“少女らしさ"を感じたという。
それはこれまで「同級の女の子」を「少年」の気持ちで撮ってきた青山が、
「大人」の眼差しを持ったことを意味する。

数々の著名アイドルやモデルなどを撮影してきた青山が、この名もない女性に見出した“少女性"とはなんなのか。
それは、これまで固定概念として語られてきた「少女らしさ」「少女趣味」といった枠からはみ出た、
ありのままの美しさ。

撮影ごとに異なる表情を見せ、撮影を重ねるほどに、生まれ変わる“少女"。
撮影の度に別の誰かになり、撮影が終わるとまた誰でもないひとりの女性に戻る。
繰り返し続ける、新しい“少女"との出会いと別れ。
撮影者である青山にとどまらず、鑑賞者も巻き込まれていく、
“少女"を介したパラレルでエンドレスな行為。

「少女礼讃」は“少女"という存在があって撮ることができる写真であり、
“少女"という存在そのものへ畏怖の念を込めた、祈りの儀式の記録である。

71iVbuD018L.jpg51RfHnuZROL.jpg71bLQRX9kRL.jpg61+RWAJgKdL.jpg71ovLwcm5ZL.jpg61hbfMgT5LL.jpg61jGPdTzQkL.jpg